rymtumblr
my-aeipathy:

by sunao-films on Flickr.

my-aeipathy:

by sunao-films on Flickr.

コメディアンでジャーナリストのステラ・ヤングは、たまたま車椅子で生活をしています。
ヤングは私たちの社会が障害者を「感動ポルノ」にしてしまう風潮を批判します。
18世紀末までは統計を見せるのは表しかなかったのを知っていますか。それを変えたのが、スコットランドのエンジニア・数学者であるウイリアム・プレイフェアです。彼は、地図とは緯度と経度からなる二次元の座標の連続に他ならないと見抜いた。そして、その座標のしくみを年度と収穫高など、他の要素にあてはまればいいのだと気づいた。この洞察力のおかげで棒グラフが生まれたのです。
じつは大阪城の歴史を繙くと、いまの天守閣が一番歴史が長いんです。
ひとくちに「開かれている」と言っても、若者に対して開かれていることと、高齢者に対して開かれていることは一致しないし、子どもがいるお母さんに開かれていることと、健常者の男性に開かれていることもまた全然違ってくる。

1.言われたことを個人的に取らないようにする

 「ヘイ、ロッキー。ひどい顔だな・・・轢いた車のナンバーはちゃんと覚えてるか?」

 1976年の映画に出てきたこの思い出深いシーンで、ロッキーが高利貸しの友人ガッツォと話をしているとき、ガッツォの運転手がこう聞いた。怒り狂うロッキーをなだめようとして、ガッツォは次のように言う。「なあロッキー、訳もなしに憎まれ口を叩く奴が時々いるんだよ」

 中には、元々性格的に難しい人もいる。それは、あなたとは関係のないことかも知れない。できるだけ、(仮に上記の例のように自分に向けられた言葉であっ ても)個人的に取らないようにすることだ。こういう人は誰にでも同じ態度を取っているのかもしれない。そういった発言を個人的に受け止めていても、その人 物と付き合うのが難しくなるばかりだ。

2.コメントするのではなく、質問をする

 扱いにくい人たちは、強い意見を持っている場合が多い。彼らの意見が正しいこともあるが、間違っている場合もあるだろう。そして間違っている場合、それ をより効果的に指摘するには、コメントするのではなく、質問をした方がいい。質問をすることで、その人が自分の意見にどのような問題があるかを理解するの を助けられるかも知れず、相手と対立してしまうリスクも小さくなる。

 例えば、誰かがバックアップテープをすべてサーバルームに保管しろと言い張るのを聞いても、そのアイデアは馬鹿げていると言いたい気持ちは抑えた方がい い。代わりに、「データセンターに火事が起こったらどうする」と質問してみてはどうだろうか。もし相手が「その時はリストアすればいい」と言ったら、「唯 一のバックアップテープがその火事で焼けてしまったら、どうやってリストアしようか」と質問すればいい。

3.裏付けとなる文書を用意しておく

 ミーティングで意見を主張した際、それに激しい抵抗を示す人がいるということもあるだろう。そんな時には、自分の主張を裏付ける文書を用意しておくとい い。例えば、単に自分の意見を述べるだけでなく、それを裏付けるGartner Groupの調査やTechRepublicのホワイトペーパーがあれば、その主張の信憑性はずっと上がるだろう。

4.理解とコミュニケーションを欠かさない

 効果的なコミュニケーションはどんな時でも重要だが、扱いにくい人物に対処しようとしている時には、特にそうだ。コミュニケーション不足が原因で問題が 大きくなってしまうことは多い。誰かが話しているときには、注意深く聞き、それに応じる前に、相手の論点をしっかり理解する必要がある。同様に、相手に自 分の論点がきちんと伝わっているか、確認することが大切だ。

5.必要に応じて適切な表現を用いる

 コミュニケーションが決裂したと感じ取ったら、それをすぐに修正すべきだ。そのような場合には次のようなフレーズを使うと便利だ。ただし、その文脈は明確にしておくこと。

 「わたしはそうは言っていません」

 「わたしの質問はそういうことではありません」

 「最後まで説明させてください」

 「われわれの言っていることは(実際には)同じです」

6.「あなた(そちら)」ではなく「わたし(こちら)」を使う

 「わたし(こちら)」という言葉を含む発言は、「あなた(そちら)」という言葉を含む発言よりもリスクが小さい。一人称の人称代名詞を使うと相手を責め ているように感じられにくいため、後ろ向きな対応をされにくくなる。例えば、「そちらからのメールが来ていません」と言うのではなく、「こちらではメール を受け取っていません」と表現するといい。

7.問題と人物を切り離して考える

 扱いにくい人物が出したアイデアについて議論する時には、なるべくそのアイデアと人物とを切り離すようにすべきだ。特に何か懸念がある場合には、その懸 念はアイデアに関するものであるということをはっきりさせた方がよい。それでも相手は攻撃されたと思うかも知れないが、その危険は減る。例えば、「あなた のアイデアにはいくつかの問題がありますね」ではなく、「そのアイデアにはいくつかの問題がありますね」と言うようにするのがいいだろう。

 同様に、扱いにくい人物が自分のアイデアにコメントした場合も、自分自身とアイデアを切り離し、客観的に考える必要がある。アイデアに対する批判ならば、気に障り方も軽くなるだろう。

8.言葉を荒げるのではなく、はっきりと意見を述べる

 わたしは以前、求職者向けの面接を受けるスキルについての記事で、面接を受けた際には後でお礼状を出すべきだと勧めた。ところが、わたしのこのアイデア にはひどい反論を受けた。ある人物は、もし自分がそのような礼状を受け取ったら、他の人も笑えるように掲示板に貼り出すだろうとコメントしたのだ。

 もちろん、このコメントは馬鹿げているとわたしは思ったが、そうは言わなかった。あるいは、そのコメントの投稿者自身がおかしいとも言わなかった。ただ 単に、そんな風に感じる人がいるのは残念であり、わたしの提案はわたしの育てられ方に基づいているのだとだけ返事をした。さらに、自分の礼状をそんな風に 扱う会社があれば、そもそも働いていて幸せになれる職場ではないとも言った。つまり、わたしは自分がそう述べた理由を述べ、議論はしたが、その人物自身は 攻撃しなかったのだ。

 扱いにくい人物に対応する際にも、同じアプローチが役に立つだろう。踏みにじられたままになっている必要はないが、相手に合わせて自分の品性を落とす必要もない。自分の持っている事実と論点だけを述べ、プロフェッショナルな態度を保つべきだろう。

9.立場を逆転させる

 扱いにくい人物は攻撃に回るのが好きで、他の人たちを守勢に回らせるのを好む。そういう相手に対しては、立場を逆転させることを試みるといいだろう。例 えば、誰かが「それをやるのは無理だ」と言ったとしたら、相手に「あなたには何ができるのか」と聞いてみてもいいだろう。もし「その日程までには準備はで きない」と言ったとしたら、「その日程までに準備ができない要因はどういったものか」と聞いてもいい。

10.そうすることが適切な場合には相手に感謝の意を伝える

 相手が難しい性格の持ち主であっても、その人物からスキルを学んだり、洞察を得たりすることはあるだろう。そうした場合には、相手に感謝の意を伝えるべ きだ。ただし、その時には誠実な態度を取った方がよい。おべっかを言おうとしている人間には嫌気がさすものだ。ヒントとしては、そのような人物に対して感 謝の意を伝える時には、微笑まないようにした方がいい。その方がより誠実な態度に見える。

扱いにくい相手に対処する—難物と付き合うためのヒントを10個紹介 - CNET Japan

そんなあなたには↓を一読することをオススメしますw

【悪用厳禁】詭弁の見抜き方・テクニックまとめ - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2128745978232516701

(via darylfranz)
gkojax:

[MAG] Nogizaka to, Manabu 140318 (Asahi Original) | ◢ Nogizaka46
yobaretetobidete:

真野恵里菜

yobaretetobidete:

真野恵里菜